ライフハック 退職、転職

【パワハラ上司】傾向と対策は?体験談

2021/12/2

上司にはいろんなタイプの人がいますよね。 最悪なのが、 「パワハラ上司」 です。    この記事では、 パワハラ上司とはどのような人か そして、そんな人に当たってしまったらどうしたらいいか? をお伝えします。    筆者は、25年間前から 女性社員が少ない中で、 平社員として生きました。 そんな筆者が体験を交えてお伝えします。    ただし、 あまりにも耐えすぎて、 心を病んでは何もなりません。    「辞める」という選択肢もありです。    筆者の部署では、25年間で 2人が自殺、うつは3人発症していま ...

ReadMore

仕事効率化 退職、転職

【仕事 多すぎ】どうしたらいいの?対処法 体験談

2021/11/14

仕事が多すぎて困っていませんか? 筆者もその一人。 自慢ではありませんが、 昔から 「できる人のところには仕事が寄ってくる」 と言われます。   でも、あれもこれも受けていると 仕事が山のようになってきて いつの間にか、プライベートも犠牲にして 仕事をしていることがほとんどになってしまいました。    この 多すぎる仕事量はどうしたらいいのでしょうか?    25年前に就職し、女性が少ない中、 なんとか生き残ってきた筆者が 対処法の体験談をお伝えします。    【仕事多すぎ】 メリットは? 仕事が多すぎる ...

ReadMore

ライフハック 退職、転職

【上司と合わない ストレス】どうすればいいの?対処法5選 体験談

2021/11/27

長い会社人生で、 上司は変わりますよね。 だいたい、早くて1,2年。 長くて5年くらいで変わります。    いい上司に恵まれていれば、 本当にラッキーです。    厳しいことを言うようですが、 良い上司なんて、そんなにいません。    もし、いたとしたら、 たまたま当たったにすぎません。   なぜなら、 上司は自分で選べないですし、 自分に合う人が上司になるかどうかは 運のようなもので、 こればっかりは、わからないからです。    合わない上司、 嫌な上司、 というのは普通です。 いい上司に当たったら、 ...

ReadMore

ライフハック 退職、転職

【ブラック企業とは?】だれも教えてくれない対策 体験談

2021/11/13

「ブラック企業」と ちまたではよく言いますが、 どのような会社が「ブラック企業」にあたるのでしょうか。    そもそも 「ブラック企業の定義」 ってあるのでしょうか?    また、ブラック企業に勤めてしまって やめられないあなた、 筆者がブラック企業に25年間勤めて、 耐えてきた方法をお伝えします。        ブラック企業とは? ブラック企業とは、どのような基準で決まるのでしょうか?   厚生労働省によると、 ブラック企業とは ”主にコンプライアンス(法令や規則等)を遵守していない企業のこと” です。 ...

ReadMore

ライフハック 退職、転職

【月曜憂鬱 】仕事したくない!対策3選 体験談

2021/10/24

月曜日の朝、憂鬱な気分になっていませんか? 仕事をやりたくないために、 なんとなくダルくて、憂鬱な気分のせいで、 気がつくとため息ばかり。    そんなあなたに、 対策を3つお伝えします。    【記事信頼性】 筆者は超忙しいブラック企業で25年間働いてきました。 その間、数え切れないほど 憂鬱な月曜日を繰り返してきました。 その中で、どうにかして憂鬱な月曜日を 乗り越えたいという一心で、 心理学や、精神科医の書いた本を読んで自分なりに勉強してきました。    その中で、 筆者が行っている、特によく効く対 ...

ReadMore

ライフハック 退職、転職

【仕事がきついとき】やってみること5選 体験談

2021/10/17

仕事がきついときはありませんか?    「いつまでこんなことが続くんだろう。」 という考えが浮かんで、 24時間、365日、 常に仕事のことを考えてしまっている状態になっていませんか?     そんな時は、 気分が落ち込み、 何をやってもつまらない、 無気力な状態になりますよね。    筆者もその一人。    筆者の会社は、少ない人数で、大量の仕事をさせられる 典型的なブラックな企業です。 早いもので、 あっという間に勤続25年になってしまいました。    中でも過酷なうちの部署は、 メンタル疾患と自殺者 ...

ReadMore

ライフハック 退職、転職

【できない仕事を断るには?】体験談

2021/10/18

会社で働いていると、 できない仕事を頼まれることはありますよね?    そんな時は、断りたいですが、 どしても、うまく断れなくて いつの間にか、 大量の仕事を引き受けてしまい アップアップになってしまうことは ありませんか?    筆者は若い頃からその傾向が強く、 仕事を家に持ち帰って(もちろん残業時間なし) いつも大量の仕事をさばいてきました。    そんな筆者でしたが、 最近、年齢もあってか どうしても大量の仕事をさばけなくなり 仕事を断ることが重なりました。    当初はうまく断れなくて そのための ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】投票 アンケートを取るには?

2021/10/5

Teams 投票アンケート機能は? Teamsで、参加者の意見を聞きたいときはありませんか? そんなときは、 投票のアンケート機能が便利です。 投票の使い方をご説明します。    Teams 投票はどれ? 「投票」は、 メッセージ画面の中の 「棒グラフのようなアイコン」 です。 マウスをアイコンの上に持っていき、 じっとしていると 「投票」と出てきます。 「投票」アイコン 記入方法を 上から順番に説明します。 投票の内容を記入する まず1つめ、 「質問」のところに「質問の内容」を書きます。 次に、 「オプ ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】投稿 書式設定 スマホはどうやるの?

2021/10/1

Teamsで投稿をスマホから行う場合、 パソコンと違って書式設定のツールバーが出てきません。 どうやってツールバーを出すのでしょうか? 使い方をまとめました。 投稿 書式設定出し方 スマホの場合 スマホの場合、 太字や斜字などの細かい書式設定はどうするのでしょうか? 一見すると書式設定は、どこにあるのかわからないですよね。    書式設定の出し方は2つあります。    まずひとつ目は、 メッセージ左の「+」をタップする方法です。    書式設定メニューが出てくるので選択します。 するとメッセージ画面の上に ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】投稿の書式設定 使い方は?

2021/9/30

Teams 投稿の書式設定は? Teamsでチャットの投稿をする時、最低限知っておきたい機能として 「書式設定」があります。    投稿のキホンとなる「書式設定」の使い方をまとめました。    Teams 新しい投稿 Teamsで新しく会話を始めたい場合、 「新しい投稿」をクリックします。 すると投稿画面が出てくるので、 メッセージを入力していきます。    入力を開始する メッセージ入力画面の下には ツールバーが出てきます。 ここで様々な修飾をすることができます。 一番左が「書式設定」です。 ツールバー ...

ReadMore

ライフハック 退職、転職

【ブラック企業とは?】だれも教えてくれない対策 体験談

2021-10-30

  1. HOME >
  2. ライフハック >

【ブラック企業とは?】だれも教えてくれない対策 体験談

2021-10-30

「ブラック企業」と

ちまたではよく言いますが、

どのような会社が「ブラック企業」にあたるのでしょうか。

  

そもそも

「ブラック企業の定義」

ってあるのでしょうか?

  

また、ブラック企業に勤めてしまって

やめられないあなた、

筆者がブラック企業に25年間勤めて、

耐えてきた方法をお伝えします。

   

  

ブラック企業とは?

ブラック企業とは、どのような基準で決まるのでしょうか?

 

厚生労働省によると、

ブラック企業とは

”主にコンプライアンス(法令や規則等)を遵守していない企業のこと”

です。

ブラック企業一覧

どんな法令を守らないかというと、

  

1,長時間労働、過重労働

2,休日が少ない、有給が取れない

3,給料が低い

4,残業代が出ない

です。

  

隠れたブラック企業を見抜くには、

  

5,従業員の入れ替わりが激しい

6,やる気、情熱など精神論が多い

7,トップダウン

があります。

  

これらは、法令にはありませんが、

ブラック企業にありがちな事柄です。

 

ブラック企業とは|ブラック会社の特徴10個と見抜くポイント

では、対策を見ていきましょう。

  

ブラック企業で働く個人の対策 仕事の効率を上げる

まずは

仕事の効率を上げる

ということが大事です。

  

あなたは、大量の仕事をかかえて夜遅くまで働いていませんか?

  

残業時間が、月に80時間以上続くのであれば、

あなたの会社はブラック企業です。

  

実際、あなたが付けている残業時間が80時間までいかなくても、

隠れブラック企業では、

「一定時間以上残業時間を付けると怒られる」

という謎ルールがあります。

  

「月の残業は45時間以内、超えるようであれば労使協定を結ぶ」という「36協定」が

あるので、

それ以上は残業を付けられない、

と企業側はわかっています。

    

そのため、

45時間を超えて付けていると、

勤怠を管理している上司が

残業時間を承認する時に、

却下となり、

「そんなに残業時間を付けては困る。」

と言われます。

  

ただし、文章になると後々訴訟で困るため、

口頭でしか言われません。

  

あくまで、

本人が残業時間を付けなかった

という体になるのです。

 

また、残業時間を付けすぎると、

健康診断を受けなければならないため、

受けに行く時間がない人は、

面倒なので、付けない人もいます。

  

また、実労働時間しか残業時間を付けられないため、

顧客のための調べ物などは

残業時間に含まれません。

そのため、仕事を精度を上げようとすると、

時間外に調べたり、勉強することになり、

結果的にプライベートを削ることになります。

どうせ働いてもお金は出ない、

仕事量も半端ない、

ということは

仕事の効率をあげることが対策となります。

  

対策1,無駄な作業をしない

  

効率化のためには、

徹底して無駄な作業はしないこと

です。

  

仕事に優先順位を付けて、

緊急度、重要度の高い仕事からやりましょう。

あまりにも辛いときは、割り切って

同僚や後輩からの頼まれ仕事をやめましょう。

  

あなたがとても辛い状況だとわかったら、

同僚や後輩もわかってくれて、他の人を頼るようになります。

  

対策2,過剰な品質の仕事はやめる

対策のふたつめは、

過剰な品質の仕事はやめること

です。

  

あなたは、綺麗すぎる資料を作ったりしていませんか?

  

また、念入りに下調べをしすぎて時間がかかっていませんか?

  

フォントを直したり、

タブキーで、文章の間隔を整えたりしていませんか?

その作業はすべて無駄です。

  

資料や書類は仕上げ8割でいいのです。

  

そうは言っても、顧客むけ資料は高い完成度が必要かもしれません。

でも、社内資料は、

適当でいいのです。

  

100%の仕上げを目指すと、

仕事がどんどん膨らんで、遅くなってしまい、

結局は時間内にできない、

ということになります。

 

できるだけ、

8割くらいで終わってみる習慣をつけましょう。

  

また、他の人の仕事を手伝わない、

という意識も大事です。

  

仕事はできる人のところにどんどん溜まっていきます。

あなたが他の人の仕事を手伝ってあげても

かえって頼られて、

次回からまた頼まれてしまいます。

  

そして、芋づる式に仕事は増えていくのです。

 

あえて、

仕事ができない、

わからないフリをして

他の人の仕事は手伝わない、

というのもあなたが生き残る戦略です。

  

対策3,仕事を断る

対策3つめは

仕事を断ること

です。

  

あなたは、どんどん仕事を押し付けられていませんか?

気がつくと、大量の仕事が入っている、

そして、残業は付けられない、

といった状況に陥りがちです。

  

その時に、

あなたは頑張って夜遅くまで働き、

残業を付けず、

そしてクオリティ100%の仕事をして

上司に褒められていませんか?

  

それではあなたは上司の奴隷です。

  

だからブラック企業はなくならないのです。

いい人のあなたが、

ブラック企業を作り出しているのです。

  

思い切って、

仕事を断ってみましょう。

  

もし、怒られても、一瞬だけ我慢しましょう。

  

次からあなたには

大事な仕事は回って来なくなります。

  

もし、嫌な仕事をやらされてしまった場合は、

「これだけしかできない」

「このくらい遅くなってしまう」

などと言い訳をしておきましょう。

  

要は、

仕事の量が多いので、

質やスピードを維持できなくなる

ということを伝えておきましょう。

そして、あまり仕事の完成度を上げず、

あえて適当に仕上げて起きましょう。

  

もし、仕事ぶりが気にいらなかったら、

次からあなたにその仕事は回って来なくなります。

かえってラッキーですよね。

だって、嫌な仕事だったのですから。

  

  

上司の奴隷になって、

どうしても出世したいのだったら、

大量の仕事を

120パーセントの質でこなし、

時間外は付けない

という戦略でいいでしょう。

  

 

でも、出世したところで

どうせ、大量の仕事が待っているだけですよ。

  

ましてや出世しない可能性が大きかったら、

顧客に迷惑をかけること以外の仕事は、

適当にしておけばいいのです。

   

対策4,図々しくなる、嫌われても恐れない

対策4は

図々しくなる、嫌われても恐れない

です。

  

ブラック企業は、

長時間働かせて、質は最高、残業は払わない、


ということを目指しています。

これらをあなたが満たせば、

上司からの評価は良く、怒られず、

上司はいつも機嫌がいいわけなんですね。

  

でも、いつもそんな仕事をしていたら、

あなたが壊れます。

  

上司が喜べば喜ぶだけ、

あなたは損をして、疲れて

心も体も病気になってしまいます。

   

そんなの、絶対いやですよね?

   

会社も、上司もあなたを守ってくれません。

   

たとえ上司から嫌われても、怒られても、

自分を大事にすべきです。

   

ただ、怒られるのはめんどくさいし、

嫌な気分になりますよね?

   

怒られないためにはどうするか?

   

それは、


結果を残しておくこと

です。

  

お客様に関わることは、

完璧に近いくらいやっておくことですね。

営業なら、数字は上げること、

サービス業ならお客様の評判は良くしておく、

仕事も手早く仕上げることです。


だったら、上司も文句ないでしょう。

   

それ以外の雑用は全部、やらない、

もしくは手を抜きましょう。

  

もう一つの手として、

仕事やってるフリ

というのもありです。

   

どうしても長時間拘束されることもありますよね。

その場合は、フルパワーは出さずに、

サボりながら、ゆるゆるとやることです。

   

     

対策5,精神科にかかる

対策5番目は

精神科にかかる、

あるいは

産業医に面接しておくこと

です。

  

あまりにも仕事多すぎてこなせないと、

イライラして、気分が沈み、

何やっても楽しくなくなります。

  

夜も仕事のことが気になって眠れなくなります。

そうなると、精神科に行くしかないですね。


勇気を出して精神科に行きましょう。

    

今時は、どこも混んでいるので、

電話予約をしても1週間程度は待つことになりますので

早めに動きましょう。

  

精神科で、話を聞いてもらって、

薬をもらうと楽になります。

そして、診断書も出してもらいましょう。

  
次に

精神科にかかっていることを上司に伝えましょう。

産業医は、場合によっては

会社側の味方かもしれません。


ケースバイケースなので、

全部打ち明けないようにしておきましょう。

会社は、別にあなたのことは心配していないです。

あなたに訴えられたり、

あなたが自殺するのが怖いだけです。

精神科に行っておけば、

なんらかの理由で、

精神を病んでいたことがわかります。

  

あとは、あなたが何をやったか、

克明に記録しておきましょう。


おおやけには、

残業つけられない場合の証拠になります。

  

筆者の母が存命だったころは、

「おまえ、そんなに働いたら病気になる。

全部付けておきなさい。」と言っていました。

  

あの頃はまだ30代だったので

なんとか頑張れたのですが、

今はもう無理なので、頑張らないようにしています。

   

  

まとめ

ブラック企業は、

進歩的で、

常に大量の仕事に溢れています。


言い換えれば、刺激的で、やりがいがある職場

とも言えるため、

長時間労働が基本となってしまい、たちが悪いです。

  

今回は、ブラック企業で働き続けないといけないあなたに、

生き残る対策をお伝えしましたが、

いつかは脱出できるように

備えをしておくことも大事です。

  

貯金をしておく


転職サイトに登録する


副業など他に収入を増やす

など

ブラック企業を脱出する準備をしておきましょう。

   

どうしても辞められない、

引き止められてしまう場合は、


退職代行もありますよ。

あなたの心と身体を守って

楽しく働いて生きましょう!

  

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

    

Amazon

Amazon検索

楽天

Yahooショッピング

  • この記事を書いた人

happypopo

おひとりさまアラフィフ医療系会社員。猫と二人暮らし。忙しい会社員に役立つ情報、ライフハック、買ってよかったもの、ブログお役立ち、癒やしの猫情報を発信します。

-ライフハック, 退職、転職
-,

© 2021 happypopoblog Powered by AFFINGER5