ライフハック

【帯状 疱疹 ワクチン 50 歳以上】2種類 どちらがいい?

2022-12-04

  1. HOME >
  2. ライフハック >

【帯状 疱疹 ワクチン 50 歳以上】2種類 どちらがいい?

2022-12-04

帯状疱疹という病気を聞いたことがありますか?

帯状疱疹とは、

ざっくり言うと、「体のどこかの皮膚がとても痛くなる病気」のことです。

発症する場所は、さまざま。

ある人は顔のおでこのあたり、

また、ある人はお腹、別の方はお尻

など様々です。

帯状疱疹は、非常に痛い病気です。

なんといっても、

「激痛!!!!!」

人生で一番痛い、激痛状態がずっと続く

のだそうです。

聞いただけで筆者は怖くなってしまいました。

痛みの発生機序が普段の痛みとは違うため、

痛み止めの薬がほとんど効きません。

医療機関を受診しても、多少痛みは改善されるくらいで、

ひたすら回復するのを待つしかありません。

とても怖い病気なのです。

筆者の周りでは、帯状疱疹にかかる人が増えてきました。

年齢が50歳以上で免疫力が下がると、かかりやすくなります。

ストレスが原因で発症することもしばしば。

現代病とも言えますね。

最近、筆者のまわりでは帯状疱疹にかかる人が

激増してきました。

原因は、筆者の知り合いが50代を超えてきたことと、

コロナで人手不足のため、仕事のストレスが増えているためだと思います。

友人の激痛バナシを聞いて、「他人事じゃない!」とビビった筆者、

「ワクチンを打ったほうがいい」

というアドバイスをもらい、

かかりつけの先生に相談してみました。

すると、先生から

「ワクチンは2種類あるんだよね。調べてみて。」と言われました。

先生から言われるまま、

「帯状疱疹ワクチン」

で検索してみました。

調べた結果をお知らせします。

帯状疱疹ワクチンって2種類あるの?どっちがどうなの?どう違うの?

医療従事者の筆者が、調べてみてわかりやすくお知らせします。

帯状疱疹ワクチン、種類は?

帯状疱疹ワクチンには2種類ある

帯状疱疹には予防できるワクチンがあります。

ワクチンの種類は2種類。

弱毒性のワクチンであるビケン(値段が安い)と

不活化ワクチンであるシングリックス(値段が高い)

の2種類があるのです。

どちらもメリット・デメリットがあります。

帯状疱疹ワクチンはどちらを選べばいい?

帯状疱疹ワクチン、ビケンとシングリックス どちらがいい?

まず、気になる帯状疱疹ワクチンのお値段は、

全額自費

になります。

一部、市町村は補助金が出ますが、

ほとんどの市町村は出ないところが多いです。

愛知県名古屋市、千葉県いすみ市、千葉県 鎌ケ谷市

は一部助成金が出ます!

他にも助成金が出る自治体があるかもしれないので、

詳しくはお住まいの自治体に聞いてみてください。

筆者の住む横浜市は、市民の要望が寄せられていましたが

残念ながら対応していません。

ビケンは安い、シングリックスは高い!

ワクチンの比較表は、以下です。

ビケンシングリックス
特徴弱毒化生ワクチン不活化ワクチン
効果発症予防 50%
帯状疱疹後神経痛30%軽減
発症予防97%
帯状疱疹後神経痛88%軽減
接種
回数
1回2回
価格8000円22000円/回
計2回で44000円
副反応注射部分の痛み、腫れ
倦怠感などの副反応は弱い

症状は3日〜1週間以内
注射部分の痛み、腫れ
倦怠感、頭痛など
シングリックスの方がやや副反応強い
症状は3日〜1週間以内
持続
期間
5年程度9年以上
メリット価格が安い
副反応が少ない
高い効果
デメリット予防効果はシングリックスに比べると劣る2回接種する必要がある
注射部分の腫れが強い
値段が高い
引用元:三水会 水野クリニック様HPより

ざっくり言うと、

ビケンは8000円、

シングリックスは2回打つ必要があり、合計44000円

と、約5倍以上お値段が違います。

その代わり、

シングリックスのほうが、効果は予防97%とほぼほぼ100%近く、

万が一、発症しても痛みが

88%も減少します。

シングリックスのその他のデメリットは

・副反応が強い

・2回打つため、手間がかかる

ということです。

ここで注意点ですが、

シングリックスを打つことができるのは

50代以上です。

40代以下の方は選ぶことができません。

逆に言えば、迷わなくていい

ということですね。

まとめ

帯状疱疹ワクチンの種類は2つ、

ビケンとシングリックスがあります。

シングリックスのほうが効果は高いですが、

副反応は強く、

値段は高く、

手間は2倍

とデメリットも大きいです。

免疫力に自信があって、

体力のある人だったらビケン、

体が弱く、

免疫力に自信がなく、かつ、ご予算が合えば

シングリックスを選べばいいですね。

ワクチンを打つ場合、

お近くのかかりつけ医の先生に聞いてみてください。

お取り寄せで打ってくれる場合もあります。

また、検索すると

少しお値引きしているクリニックもあるようなので、

お近くだったら、行ってみてもいいのではないでしょうか。

免疫力を高めて

帯状疱疹にならないようにすることが一番大事ですが、

予防できる病気は、文明の恩恵を受けさせてもらって、

いつまでも健康で、

楽しい人生を歩んでいきましょう。


-ライフハック