Microsoft Teams

【Teams】ダウンロードページは?

2021/9/18

Microsoft Teamsのダウンロードページは、 HP内にあります。 PCの方はこちらからどうぞ。 【Teams】ダウンロードページ 料金は、 ・無料 ・月540円 Microsoft 365 Business Basic ・月1360円 Microsoft 365 Business Standard の3種類あります。    会議に招待された場合など、あまり使用頻度が高くない場合は 「無料」で十分ですね。    Word、Excel、PowerPointど使用したい場合は、 Business Ba ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】 ロビー で 待機させない方法は?

2021/9/17

Teams会議を開く際、外部ユーザーを招待すると、 参加者は一旦、ロビーで待機しますよね。 それは、ディフォルトの設定が、 「ロビーで待機する」だからです。 ディフィルト設定だと、 開催者と組織内の参加者は、外部参加者が入るたびに、 ひとりづつ「参加許可」をクリックしなければいけないので、 結構手間がかかります。    数人で会議をする場合はいいのですが、 人数が多いと、頻繁に「参加許可」をしないといけないため かなり面倒ですよね。    「ロビーで待機する」をさせない方法はあるのでしょうか?    Te ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】検索はどうやって使うの?

2021/9/14

Teamsで、後から検索したい時がありますよね。 「あの人が言ってたことはなんだっけ?」 「あの時、送ったファイルは?」 「あの人に連絡したい。」 などなど。    そんな時は、「検索」機能が充実していていいですよ。    筆者が日頃使っていて、便利だと思う機能をご紹介します。    Teams 検索機能は? 検索ウィンドウ Teamsの一番上には、 「検索」ウィンドウがあります。 ここに入力すれば、いろいろな検索ができます。 主な検索は    ①人 ②チャット内容 です。 それぞれ解説します。    T ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】バナーとフィードって何?

2021/9/7

Teamsの通知設定の中に、 「バナー」と 「フィード」があるのですが どう違うのでしょうか?    Teams 通知の設定は? 【Teams】バナーとフィードって何? Teamsでは、自分に関係ないチャットが流れてきて 気が散って仕事ができない時があります。 そんな時は、通知の設定を変えてみましょう。    通知の設定は、 画面右端、自分アイコンのとなりの 「・・・」をクリック、 「通知」をクリックすれば くわしいカスタマイズ画面になります。 「・・・」をクリック 「設定」をクリック 「通知」をクリック ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】会議 メモを取るには?

2021/9/6

Teams会議のメモを取って議事録にしたい時はありませんか? あとでアウトルックメールに書くよりは リアルタイムに書いてしまったほうが、 時短になりますよ。    Teams 会議のメモ 取り方 Teams 会議のメモ 取り方 Teamsに入って、メモを取る方法は 右上、操作パネル内 「・・・」 「会議のメモ」 から入ります。    Teams 会議のメモ 別ページが開かれて、メモを記入することができます。    会議のメモ画面 Teamsメモ 記入方法 メモの記入方法です。 まず、メモのタイトルです。 ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】文字を大きくするには?

2021/9/5

Teamsの文字、小さくないですか? 字が小さいと、読みにくいので仕事の効率が下がります。    もっと読みやすいように文字を大きくしたいですよね。 方法をお伝えします。    Teams 文字を大きくする Teamsの文字は、お好みで拡大、縮小できます。    右上、自分のアイコンの横の 「・・・」をクリックします。 「ZOOM」 文字の横の「+」をワンクリックすると、 120%に拡大されます。    もう一度、「・・・」から 「ZOOM」「+」 をクリックすると、145パーセント表示になります。 Zo ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】会議 使い方は?最低限これだけは知っておこう!

2021/8/30

会議に入ったら、使い方を知っておく必要があります。    会議に参加中は、 発言したり、チャットできたり 「いいね」をつけたりできますよ。    知っておくと便利な最低限の機能をお知らせします。    Teams 会議 使い方 PCアプリ版 右上、操作パネル PCのアプリ版でご説明します。 操作パネル内のアイコンは、Web、スマホ、どれも共通なので、 一度覚えると、どのデバイスでもわかるようになりますよ。     参加者を表示 参加者を表示 左から説明します。 一番左の「人間二人マーク」は 「参加者を表示 ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】会議を主催するには?Macで会議を開催しよう。無料版でもできる?

2021/8/30

Teamsで、会議を主催したことがないあなた、 どうやって会議を行うのでしょうか? 無料版でもできるのでしょうか?    Teams Macの無料版でできる会議案内の作成をお伝えします。    Teamsで会議を主催する Teamsで会議を主催する場合、 「会議」アイコンから入ります。    会議アイコンから主催する 左メニュー内の 「会議」をクリックすると、 何も会議が入っていない場合、 「今すぐ会議」か 「会議をスケジュールする」 のどちらかを選択できます。 「今すぐ会議」は、右上にもあります。 名前 ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】会議 参加するには?

2021/8/23

Teams会議に参加するにはどうしたら良いでしょうか?    方法する方法は、大まかに4つのパターンがあります。 それぞれ解説します。      Teams 会議参加 方法は?     Teamsの会議に参加するには、 いろいろな方法があります。 どれでも自分が参加しやすい方法で参加できます。 それぞれ説明します。    1,着信から参加 ひとつめは「直接着信」です。 会議時間になると、着信画面が表示されるので、 「承諾」をクリックすると参加できます。   この参加パターンは、 会議を忘れている時に、主催 ...

ReadMore

Microsoft Teams

【Teams】 チャット メンバー 追加するには?

2021/8/22

Teamsのチャットに別メンバーを招待したいことはありませんか?   プロジェクトの途中から 別メンバーも参加してもらいたい時は、 チャットに追加すると便利です。 方法をお伝えします。    Teams チャット メンバー追加は? Teamsのチャットにメンバーを追加する場合、 画面右上、 「人間のアイコンに+」 の印をクリックします。    「参加者の追加」 をクリック、 参加させたい人の名前を打ち込みます。    一文字打って、「Enter」すると その文字が入っている候補が出てくるので、 そこから選 ...

ReadMore

自己啓発本 書評

【60歳からの生き方 書評】人生を楽しむために、何をする?

  1. HOME >
  2. 自己啓発本 書評 >

【60歳からの生き方 書評】人生を楽しむために、何をする?

【60歳からの生き方 書評】人生を楽しむために、何をする?
【60歳からの生き方 書評】人生を楽しむために、何をする?

まだ自分は先だと思っていた定年後。

気がつけば、定年はすぐそこに迫ってきています。

  

筆者の会社でも、コロナ渦で、売上が減少して、リストラが加速しています。

筆者もいつリストラになるかわかりません。

そんな時に、尊敬する佐々木常夫さんの「60歳からの生き方」を読んで、勇気をもらったので

レビューします。

【60歳からの生き方】著者 佐々木常夫氏 経歴

佐々木常夫氏 オフィシャルサイトより

著者の佐々木常夫氏は、

元、東レ株式会社の取締役。

1969年東京大学経済学部卒業後、東レに入社されました。

うつ病、肝臓病の奥様と、自閉症の長男を抱えながら、

2001年、東レの取締役に就任、

2003年、東レ研究所所長に就任、

とめざましい成果を上げてこられた方です。

著書も多数出されており、

中でも「そうか、君は課長になったのか」を読んで、

その人柄にすっかり魅了された著書は

佐々木さんの本は全部読んでいます。

過去に戻れたら、佐々木さんの元で働きたかったです。(いや、無理でしょうけど)

  

この本は、そんな自己啓発書をたくさん書かれている佐々木さんの、60歳からの生き方の指南書です。

この本は、

序章+6章から成り立っています。

  

以下が目次です。

序章:60代 まずは何をなすべきか

第1章:後悔先にたたず。今からでも間に合う60代からの人生設計

第2章:「付かず離れず」という還暦の美学

第3章:60代の健康は心で管理する

第4章:60代、何を捨て、何を残すか

第5章:60代、人生の本番はこれからだ

第6章:コロナ問題から見えるもの

以下、筆者の視点から読み解きます。

  

【60歳からの生き方】序章 60代、まずはなにをなすべきか?

佐々木さんの60代は、挫折とどん底から始まりました。

必死で掴んだ取締役を2年で外され、

58歳で子会社に出向になってしまったのです。

60歳を目前にして相当ショックで、悔しかったことでしょう。

  

そこで佐々木さんは、気が付きました。

自らの過ちを認めて現実を受け入れること。

起きたことは、身からでたサビなのだと。

  

私達も、後悔や自責の念はたくさんあるでしょう。

筆者も、「昔はよかった」とついつい考えてしまいます。

 

でも、それでは道は開けません。

  

考えることは

「さあ、これからどうするか、何をしようか」

です。

  

その時に、活路が開けたのは

「未体験へのチャレンジ」と

「寄り道」

だったそうです。

 

異業種交流会で出会った人に、

ご自分の体験を話し、

それが最終的には出版の話につながっていったのです。

  

60代になっても、目先の損得にこだわらず

「これは面白い」と思うことにどんどん参加していけば

道はきっと開けます。

 

「新しいことをやりつづける。」

  

そうすることで、人生の楽しみはまだまだ広がっていきます。

  

「無駄な時間を楽しめ」

  

とも佐々木さんは書かれています。

  

「心の面積を広げて」、

昔の自分が好きだったことをやってみるといいのです。

 

音楽、美術鑑賞

現役時代にできなかったことをまたやってみるのもいいでしょう。

  

第1章:後悔先にたたず。今からでも間に合う60代からの人生設計

・「鎧を脱いで、身軽になれ」

  

・「鈍感力」を身に着けろ

鈍感力とは、作家 渡辺淳一さんの言葉です。

鈍感力とは「どんなときもクヨクヨせず、物事を前向きに捉えていく力」のことです。

渡辺氏は「立派にやろう、ミスなく完璧にやろうとせず、あえて鈍感になろう」と言います。

  

60代にもなって、

いちいち敏感になるのはもうやめて、

「細かいことはどうでもいいや」くらいの感覚で生きるのがちょうどいいと

渡辺氏は言います。

  

筆者は、叱られることに非常に敏感です。

まわりの人の評価が気になって、すぐくよくよして落ち込んでしまいます。

若い頃は、年長の人に怒られまいとして気を張っていました。

今は、すぐキレる若い男性のお客様にびくびくしながら仕事をしてます。

  

でも、この文を読んで馬鹿らしくなってきました。

 

ダメだったら、選手交代でもいいですよね。

もう、アラフィフなんですから。

完璧にできなくて怒られてもいいですよ。

  

とても気がラクになりました。

  

・「世のため、人のため」で働け

  

若い人を押しのけたり、求められてもいないに

アドバイスを与えようとしたり、知識を押し付けようとしてはいけません。

あくまで、縁の下の力持ちとして、若い人の役に立つべきです。

 

筆者は、若い人には

「教えさせてくれてありがとう」という気持ちで接しています。

今は、後継ぎのいないお店や職人、会社がたくさんあります。

なのに、筆者の業務を引き継いでくれる若い人がいるだけで

とてもありがたいと思っています。

ダメな時は、90くらい褒めて、10くらい指摘する

というバランスで教えると割と聞いてもらえます。

  

第2章:「付かず離れず」という還暦の美学

・余計なことはしゃべるな、とにかく人の話を聞け

世の夫婦の仲違いは、コミュニケーションミスだと著者はいいます。

奥さんは、ただ愚痴を聞いてほしいだけのに、

だんなさんは、「それはこうしたらいい」など解決策を言ってしまうんですね。

男脳、女脳は違う、

とよく言いますが、男性は一般的に共感力が足りません。

それで、奥さんが怒ってしまうんですね。

  

筆者の家庭は、逆でした。

父は、何気ない話を聞いて欲しいだけなのに、

母が「それはこうでしょ。」「こうしなきゃ」と言い返していました。

そのうち、父が怒り出し、

大喧嘩になっていたのです。

父の定年後はいっそうけんかが激しかったですね。

なんで、「うん、うん、そうなんだ」って言えないのだろうって思って

母に助言したこともありました。

でも、50年も生きてきた人間は、娘に言われたくらいでは、そうそう変わりませんでした。

  

筆者の佐々木さんは、

なにか相談事を言われた時は、「ああしろ、こうしろ」とは

一切言わず、相槌を打って聞くだけだそう。

ただ「うん、うん」と言って聞いているのはとても忍耐力が必要です。

でも、夫婦仲良くやっていくためには、忍耐も必要ではないでしょうか。

   

筆者の両親のけんかは、

けんかもボケ防止だったのかなと、

ふたりともいなくなってから、懐かしく思い出します。

  

・誰かと会話する時、「僕」「私」は一切使わない

 筆者の佐々木さんが40代のころ課長研修で受けたトレーニングのひとつだそうです。

これがとても難しいんですね。

人間、いかに自分のことばかり話してしまうか

身にしみて反省します。

これを意識してやるだけで、相手に好かれるようになります。

 

人は、自分が話をしたほうが気持ちよくなります。

相手を気持ちよくさせてあげたほうが、コミュニケーションは良くなります。

  

第3章:60代の健康は心で管理する

・健康維持の秘訣は「欲のコントロール」にあり

佐々木さんは30代のころから病気らしい病気をしたことがないそうです。

その秘訣は「欲のコントロール」。

不健康なのは、欲をコントロールできない自分の心の問題ととらえ、

体力よりも意思の力をつけることです。

・就寝時間がきたら、すべてのスイッチをオフにしろ

睡眠はなによりも大切です。

佐々木さんは、映画の途中だろうがみたいテレビが途中だりうが

就寝時間になったら、ぴったりスイッチをオフにして

寝るそうです。

 

子供の頃は、就寝時間って決まっていましたよね。

筆者の小学生の就寝時間は9時でした。

9時になると、強制的に寝せられていました。

そんな感じで、大人になった今も、

有無を言わさず、就寝時間になったら

強制的に寝るようにしたらどうでしょうか。

   

第4章:60代、何を捨て、何を残すか

・断捨離は捨てるより残す

60代は人生の棚卸しをする時期。

「断捨離」=捨てる

ではなく、

必要なものを「これはいる、いらない」と決め

取捨選択することが断捨離の要なのだそうです。

  

「振り返って、消して、残して」を繰り返していけば

自分の手元には必要なものだけが残ります。

  

・本はむやみに読むな

佐々木さんは本が大好きだそうです。

以前は、月に数十冊も読んでいたこともあるそう。

でも、もう昔のようには読まないそうです。

読む本は、目次を見て、慎重に選び

つまらないと思ったら、容赦なく読むのをやめるそうです。

  

若い頃と違って、人生に限りがあるのですから

最後まで読むのは時間の無駄です。

  

筆者はこれが中々できません。

超速読、飛ばし読みで、ざっくりと全部読んでしまうんですよね。

 

これからは、つまらない本は読むのをやめようと思います。

  

・投資はしない、貸し借りもしない

世の中にうまい話はありません。

投資で資産を増やそうなんて危険きわまりないです。

佐々木さんは40代のころ、投資に失敗してマイナスになってしまったそうです。

お兄さんは、定年後にはじめた事業に退職金を使い果たしてしまったそうです。

証券マンは「これは絶対買いです、買わなきゃ損です。」と言いますが

そもそも、彼らは客の資産を守るより、儲けを優先します。

証券マンの言葉に乗ってはいけないのです。

  

筆者は、少し株式投資をしています。

頻繁に、証券マンから電話がかかってきますが、筆者と意見が合わない場合は

無視して電話を切ってしまいます。

筆者は、安定株をずーっと置いて置きたいのですが、

彼らは頻繁に売り買いさせようとしてきます。

取引させて手数料を稼ぎたいのです。

株や資産は長期保有です。

佐々木さんの言われる通り、

世の中、うまい話なんかそうそう転がっていません。

   

・遊びの比率を高めるべし

定年後は、好きなこと、楽しいことにまみれて生きることが大切です。

残り少ない人生なんですから、楽しんだほうが勝ち。

でも長年仕事をしていると

楽しいことがわからなくなっています。

そんな時は

「いやなことはしない」

「苦痛なことはやらない」

「楽しくないことは選ばない」

ことです。

そうすることで、「嫌いではない」

「案外たのしいかもしれない」ということが浮かびあがってきます。

  

・正しい忍耐を身に着けろ

この年代の人は、他人を怒鳴りつける人がいます。

佐々木さんは、カッとしやすい性格を抑えるには

日頃から「遠慮すること」が大事だと言います。

もともとの性格は直せないとしても、

ちょっとした習慣を変えれば必ず自分は変えられます。

  

年配の男性に限らず、キレやすい性格の方は

周りに迷惑ですよね。

キレやすい方は、自覚がないことが多くて、

この本を読まないんじゃないかと思います。

 

筆者は、キレる人に傷つかないようにしようと思います。

キレることで相手をコントロールさせようとするコミュニケーションを取る人とは

近寄らないほうがいいですね。

  

  

第5章:60代、人生の本番はこれからだ

・人生のワクワクはこれからだ

いろいろ楽しめるのは70代、

60代は来るべき70代に向けてワクワク想像力をふくらませる時期

と佐々木さんは言います。

カリフォルニア大学のジャレド・ダイアモンド氏は

一番精算的だったのは70代

と言われています。

筆者も、どんな70代になるのか

ワクワク想像力を膨らませようと思います。

定年しても、

勉強を怠らず、でも定年したので好きなことだけ勉強して、楽しみたいですね。

・孤独はDXで解消しよう

これからは、デジタルツールが発達してきます。

佐々木さんは、待っているだけではなく、デジタルツールを活用して

学んだり、遊んだり、

自分を幸せにするものを捕まえにいけと言います。

これからは一人での過ごし方、遊び方も多様化してくるでしょう。

筆者のように、子供も孫もいない人も増えてくるでしょう。

従来の「子供や孫に囲まれて」

ではない過ごし方も一般的になるかもしれません。

  

第6章:コロナ問題から見えるもの

・過去にとらわれないで現在を大切にする

年を取ると、昔のことばかり考えて懐かしく思い出すものです。

でも、過去は変えられませんし、後悔は考えるだけ無駄。

今あるものを大切にするほうがよっぽど大事です。

人生の頑張りの比率をこれからは意識して下げていこうと思います。

  

・いつも明るく、上機嫌に振るまう

フランスの哲学者アランは

「上機嫌であることは最高の健康法で、最高に人生を楽しむ秘訣である」

と言っています。

アランは、人間の不幸は受け身であることからくるというのです。

つまり、幸福を得るためには、

能動的でなければならないが、

明るく快活に振る舞うことは、その幸福を約束する能動性の一つだと言うのです。

 

少し背伸びしてでも、明るく振る舞うことは大事なのですね。

 

まとめ

  

60代はまだまだ先だと筆者は思っていましたが、

気がつけば、月日はあっという間に過ぎてしまいます。

今のうちから心を準備することで

毎日が楽しく過ごせるようになります。

アラフィフ筆者同世代の方に読んでいただきたい本です。

  

 

Amazon

Amazon検索

楽天

Yahooショッピング

  • この記事を書いた人

happypopo

おひとりさまアラフィフ医療系会社員。猫と二人暮らし。忙しい会社員に役立つ情報、ライフハック、買ってよかったもの、ブログお役立ち、癒やしの猫情報を発信します。

-自己啓発本 書評
-

© 2021 happypopoblog Powered by AFFINGER5