Microsoft Teams 応用

【Teams】投稿の書式設定 使い方は?

2021-09-30

  1. HOME >
  2. Microsoft Teams >
  3. 応用 >

【Teams】投稿の書式設定 使い方は?

2021-09-30

Teams 投稿の書式設定は?

Teamsでチャットの投稿をする時、最低限知っておきたい機能として

「書式設定」があります。

  

投稿のキホンとなる「書式設定」の使い方をまとめました。

  

Teams 新しい投稿

Teamsで新しく会話を始めたい場合、

「新しい投稿」をクリックします。

すると投稿画面が出てくるので、

メッセージを入力していきます。

  

入力を開始する

メッセージ入力画面の下には

ツールバーが出てきます。

ここで様々な修飾をすることができます。

一番左が「書式設定」です。

ツールバー 書式設定

「書式設定」は、通常メッセージ画面よりも

より詳しく変更したい時に使います。

書式設定

クリックすると、入力画面が大きくなり

細かい設定ができるようになります。

書式設定の中身

元のメッセージに戻すときは

もう一度「書式設定」アイコンをクリックすれば戻ります。

  

この大きくなった詳細メッセージ画面では

「エンター」を押すと「改行」になります。

  

通常メッセージ画面では、

「エンター」を押すと「送信」

になりますのでご注意くださいね。

  

ではツールの左側から順に解説します。

  

  

書式設定 太字

ツールの一番左は「太字」です。

「B」をクリックしてから

文字を入力すると

「太字」で入力ができます。

太字

元の細字に戻したいときは、

もう一度「B」をクリックしてください。

  

書式設定 斜字

その隣「I」は

「斜字」になります。

「I」をクリックしてから入力してください。

斜字

  

書式設定 下線

次は

「U」に下線がついたアイコンです。

こちらは、文字に下線が引かれる機能です。

「U」を押してから入力していくと

文字に下線が引かれます。  

下線

  

書式設定 取り消し線

その隣、

「S」に線が入ったアイコンは

「取り消し線」です。

文字に取り消し線が付きます。

取り消し線

書式設定 テキストのハイライトカラー

その隣にある筆のマークは

「テキストのハイライトカラー」です。

テキストの背景色ですね。

テキストのハイライトカラー

ハイライトカラーは9色から選べます。

例として5色やってみました。

ハイライトカラー

ちなみに、

ハイライトカラーにしてから

テキストをドラックやダブルクリック、トリプルクリックで選択して、

左の「太字」「斜字」「下線」「取り消し線」

を押すこともできます。

ハイライトカラーと太字などの併用

  

書式設定 テキストのカラー

次のA文字の下に線が書いてあるアイコンは

「フォントの色」

です。

フォントの色

ハイライトカラーと同じく9色から選べます。

全色試してみました。

フォントの色9色

書式設定 フォントサイズ

Aの大きな字と小さな字のアイコンは

「フォントサイズ」です。

「大中小」3種類選択できます。

フォントサイズ
フォントサイズ

書式設定 段落

「段落」は

文字の大きさを段階的に変更できるところです。

上から文字の大きさが大きくなります。

段落

「等幅」は

テキストにワクが付きます。

段落

書式設定 すべての書式設定をクリア

次の

Abに消しゴムマークは

「すべての書式設定をクリア」です。

すべてディフォルトに戻ります。

すべての書式設定をクリア

書式設定 インデントの増減

その隣の2個は

「インデントを減らす」

「インデントを増やす」

です。

インデントとは、間隔スペースのことです。

インデントの増減

左側が「減らす」

右が「増やす」なので

効果を見たいときは先に右側をおして

インデントを増やします。

  

  

まず、間隔を空けたい列を選択し、

右矢印の「インデントを増やす」をクリックすると

間隔が空きます。

もっと空けたいときは数回押します。

  

ドラック、またはダブル、トリプルクリックで選択
インデントを増やす1回押したところ
インデントを増やす2回押したところ
インデントを減らすと元に戻る

書式設定 箇条書きと番号付きリスト

次のアイコンは

「箇条書き」です。

文の前に「・」が付きます。

箇条書きリスト

その隣は

番号付きのリストになります。

番号付きのリスト

書式設定 その他のオプション

一番右の「・・・」を押すと

オプション機能が出てきます。

ここは上から

「引用」

「リンク」

「コードスニペット」

「水平線を挿入」

「表を挿入」

「重要としてマーク」

「入力を元に戻す」

の7つの機能があります。

その他のオプション

「引用」はメッセージ内にワクがつきます。

引用

「リンクを挿入」は

Webページのリンクを貼っておくことができます。

リンクの挿入

「水平線の挿入」は

仕切り線が入れられます。

「水平線の挿入」

「表を挿入」は

名前の通り、表を入れられます。

行と列は、ドラッグして選ぶことができます。

表の挿入
3✕2の表を挿入したところ

ディフォルトは1✕1なので、

必要な個数だけドラッグして選択します。例は3✕2の表です。

  

「重要としてマーク」は

メッセージを「重要」として目立たせます。

「重要」マーク

「入力をやり直す」

「入力を元に戻す」

はそれぞれ、やり直したり、戻せたりする機能です。

ちょっと間違えたり、うっかり消してしまった場合に便利です。

  

まとめ

Teams投稿の書式設定は

よく知ると以外に便利な機能がたくさんあります。

メッセージを送る時にひと工夫してみてくださいね。

  

-Microsoft Teams, 応用
-,