ガジェット ライフハック

アップル ウォッチ suica 使えない?【iPhone機種変更】2023年 実体験

2023-10-17

  1. HOME >
  2. ガジェット >

アップル ウォッチ suica 使えない?【iPhone機種変更】2023年 実体験

2023-10-17

iPhoneを買い替えて、機種変更をした場合、

データの移行は、ガイダンスに従えばいいので

とても簡単ですね。

1、2時間でデータが移動できて、

以前のように問題なく使えるようになりました。

アップルウォッチも、

データの移行は簡単です。

ガイダンスに従って、その通りにやれば

問題なく新しいiPhoneに連動して以前と同じように使えるようになります。

さて、

筆者は新しくなったiPhoneを持って、街へお出かけして、

颯爽といつものように

お会計を「スイカでお願いします」

とレジでスイカをかざしてみました。

そこでアクシデントが発生しました。

なんと!

アップルウオッチが反応しません

お会計にかざしても

ピッピっと言わない

のです。

これはおかしい!

今まで出来ていたのに!

画面にはちゃんとスイカが出ています。

買い替え前は、なんの問題もなかったので、

反応しないのは、iPhoneを買い替えて連動がうまく行っていないせいだ!

と確信しました。

見た目はカードが入っているが、支払いできない

iPhoneを買い替えたらアップルウオッチのスイカが使えない!

大丈夫!使えるようになりますよ。

いろいろと試行錯誤して発見した

筆者の実体験をお伝えします。

アップル ウォッチ suica 使えない! ウォレットをチェック

ではまず、

iPhoneのウォレットを確認します。

クイックスタートを使用してデータ移行していると

カード情報は引き継がれています。

ただ、そのままでは使えないので、設定を行います。

以前と同じカードを使う

という項目があるので、

チェックすると、

以前と同じようにカードがウォレットに入りました。

セキュリティコードの入力が必要になります。

アップル ウォッチ suica 使えない! ウォッチの中のウォレットをチェック

次に、アップルウォッチの設定を行います。

「ウォッチ」の中の、

「ウォレットとApple Pay」を開きます。

以前使っていた

「My Suica」

横の「追加」

を押してください。

すると、カードがiPhoneからアップルウォッチに移動して

登録されます。

1枚のカードは、

iPhoneかアップルウォッチか

どちらか1方になることは従来と同じです。

アップル ウォッチ suica 使えない! エラーが出たら、再起動する

本来なら、これでカードの追加はできているはずですが、

何らかの理由で、

エラーが出ることがあります。

エラーメッセージには、

「カードを追加できませんでした。

あとでやり直すか、詳しくはカード会社にお問い合わせください」

と出ています。

うーん。困りました。。。

でも、ここで、慌ててカード会社に電話してはいけません。

iPhoneを買い替えたのですから、

カードの不具合ではなく、

必ずiPhoneかアップルウォッチ側に問題があるはずです。

ここでやることはただ一つ

アップルウォッチを再起動

してみてください。

アップルウォッチの再起動するには、

サイドボタンとデジタルクラウンを長押し

します。

親指と人差し指、

または親指と中指で

ウォッチを挟み込んで長押ししましょう。

再起動後に、

もう一度、ウォッチの中のウォレットに入り、

My Suikaを追加してみてください。

無事にカードを追加することができました。

まとめ

iPhoneを買い替えた時は、

アップルウォッチのカード情報を引き継ぎさせる必要があります。

カード情報は自動で引き継ぎしてくれません。

アップルウォッチを再起動

してから

iPhoneとアップルウォッチのウォレットを

追加しましょう。

見た目上、カードは反映されているように見えているのですが、

内部的には、反映できていません。

キャッシュを持っているのかもしれません。

再起動で問題なくできるようになりますよ。

この記事が少しでもあなたのお力になれたら嬉しいです。

-ガジェット, ライフハック